1、少しだけねじれている

1、上と下の歯が咬み合っていない
患者O:5年前ぐらいから口を開けると顎の関節に痛みを感じるようになり、最近では次第に口も開かなくなってきました。歯科医院に行ったらマウスピースを作り、それを口にはめるように指示されました。これからどうなるか不安です。入れ歯になるのでしょうか?

解説:それは顎関節症という疾病です。症状は口が開かない、関節に痛みがある、偏頭痛がするなどが挙げられ、原因としては、咬み合わせが悪い、精神的ストレスなどがあります。

治療前
治療後

治療例
42歳女性、食事の際、口が開きずらいということを主訴に来院されました。その他に肩こり、偏頭痛などもあるということでした。原因はかみ合わせが元々の状態より低くなったことと考え正しい咬み合わせの位置を決定し、セラミッククラウンを入れ替えました。期間1年

(治療選択肢)
矯正治療
費用:約100万円
期間:1年〜2年
メリット:歯を削らずにすむことが多い
デメリット:治療期間が長い、違和感が強い

補綴治療(自分の歯を小さく削り差し歯にする治療)
費用:1本 9万円から
期間:1ヶ月程度
メリット:治療期間が短い
デメリット:歯を削る

 
Z−咬み合わせがわるい
  1、上と下の歯が咬み合っていない

Copyright (C) 2005 港区神谷町審美歯科 Uke Dental Office. All Rights Reserved.

オランダヒルズでインプラント| 歯茎が気になる人には:歯茎情報サイト〜haguki.com〜審美歯科検索